これが中古車の査定のことを考えてみた

車の買取では、まず先に見積もり査定をしてもらいます。車の型式や年代で、ベースとなる一定レベルでのプライスの理解をしておきます。これに比べさらに状態が悪かったら、鑑定額を減額するといった順番でやられていくわけです。

標準状態の価格に関しては買取店の方でベースとなるデータを持っています。これについては業者間でのみ流通しているもので、その価格はその車と年代で書かれているのです。ではありますが、あくまでこの額面は基本的な数字であって、その他の意味あいはございません。それに加え、その値段よりも高値で買取をされたりあるいはもっと安く売る羽目になったりすることすら当たり前ですが無くはないです。

お店の立場としては出来るだけ低価格で買い取りたいわけで、お店にもよりますがベーシックな買い取り額を示した上で、更に安値の方へと話を持っていこうとします。売る方としてはちょっとでも高く譲渡したいので、ここではしたたかに話を持っていくのがいいと思います。それか、引き取りに関する額面が合意できなかった場合などは保留とし、そこで話をストップしておきます。そうしてからほかの店舗と話し合いを行うわけです。

そこで仮に金額がさらに高値となって満足できるものだったら、先の業者との交渉は決裂したとしても問題はありません。結局、売却する側が納得できるようにネゴシエーションをしていけばよいということです。一番裂けたい事態は、焦って売値を結論付けてしまい、後から悔いるということです。金額はとにかく強気に攻めた方が悔やむことはないでしょう。