これが中古車査定と事故歴のいろいろ

古いくるま売却をお願いした際は、一番最初に見積もりを受けることになります。そうした時の鑑定の方は買取専門ショップの方がすることとなり、オークションマーケットの値段等から算定されるものとなります。

一般的に中古の車ということで売られている金額の2、3割程度が売却額となっていますが、人気のあるクルマであったり、珍しい車種であったりするケースでは高い見積金額が付くなどの時もあるようです。また、年式が新しい方が高く売却できます。ただし、そのような買取金額はその自動車が完全な状態のときであって、パーフェクトじゃないときだと低い鑑定となります。その中でも事故歴等はプライスに相当響いてきます。

事故車といっても定義は微妙なところですが、とりあえず車両の本体であるフレームの方にまで及ぶようなアクシデントを起こしてしまったお車は事故車として扱われます。こうした事故車は将来において何かしらの被害が出てくる危険性がありますので、プライスに於いては駄目なものとされてしまいます。一方で、フレームの部分まで影響が無く、外装を修復したぐらいだったらならないですが、とはいえ修復歴はついてしまいます。

無論、修復歴が付きますのでデメリットの影響がありますが、事故車より低く見積もられることは無いでしょう。それと、エンジンやギアなどに問題が起きているときもマイナスとして見られますし、常日頃の維持管理の状態が見積もりに影響されます。

この辺りはシロウトにはわからないところですが、見積もりをおこなっている買い取り専門店はしっかりと状態をチェックの対象としてきます。

どちらにしても修理歴は無いという事がくるま見積がアップできるか否かの条件となってきます。