そうれ!車買取、そしてリサイクル料に関して

ユースドカーを売却するさいの進め方といえば下取り、そして買い取りのどちらかがあります。下取りの場合というのは新しい自動車をゲットすると同時に前のマイカーを買取して貰うというものです。たいがいはディーラーが買取をすることになるので価格のほうはわりと低めになるケースが多いです。

もう一方の買取りのほうは愛車買取専門ショップがおこなっており、ユースドカーという名目で販売することを予定して引受けの金額を決めるため、どっちかというと高額の引受けが望めるでしょう。いずれにしろ中古車を売却することであり、売却する前に引取りプライスを決定するための審査がされることとなります。

値踏みをして頂くさいに気になるのが「リサイクル料」です。自動車鑑定で出してもらう価格としてはその車そのもののプライス、マイカーに附随するリサイクル料とか自賠責保険などいれたプライスの二つの種類が有ります。リサイクル料はマイカーをゲットした際、もしくは「リサイクル料」が払われてなかったケースでは車検を受けたケースで支払いになりますので、将来、自家用車を廃車として壊してしまう時必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするさいの代金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分するさいに自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

費用は大体、軽自動車だと8千円位、国産自動車で10000円位、外車等で1万5千円くらい、そのほかで2万円ぐらいをいれる必要が御座います。たいていのくるま引受であれば、こういった「リサイクル料」をユースドカーの買い取り価格とは別で引き取りされるというようなこととなるんですが、リサイクル代金をいれて審査の金額としてる場合も有り、買い取りをお願いする時は先ずは確認しておくことが大切なこととなります。