とうとうです、車買取 事故歴と修復歴のいろいろ

古い自分のクルマの買い取りを依頼したさいは、まずは見積もりを受ける事となります。そうした時の値踏みについては買い取り専門店の査定担当者が行うわけですが、ユースドカー市場の値段等から金額がはじき出されることになります。

大体、中古車として売り出されている値段の20~30%ほどが売却価格となっているようですが、人気のある車であったり、珍しい車種だったりするケースでは高い見積金額が出るといった場合もあるでしょう。また、製造年が新しければ新しいほど高くなります。一方でそうした見積価格はマイカーがパーフェクトな状態のときであって、パーフェクトじゃない時は値踏みは厳しくなります。その中でも事故の跡等は買取プライスに結構関係します。

事故車といっても定義はあいまいですが、基本的に車の骨組みであるフレームの部分にまで跡を残すような事故を経験してしまった車は事故車扱いになります。この修復歴のあるクルマは将来において何か悪影響が出るかもしれないという危険が有るため、見積もりに関しては短所になります。一方、フレームの方には影響がなく、外見を手直ししたぐらいだったら問題ありませんが、ですが修復歴がつきます。

モチロン修理歴は付きますので負の影響は有りますが、事故車よりも低い見積となることはございません。他にも、変速機やエンジンなどにアクシデントが発生している場合もマイナスという事で審査されますし、普段からのメンテナンスの状況が見積もりに関わってきます。

その辺は私たちには分からない部分ですが、見積もりを行う買い取り専門店はキッチリとその辺りも見てくるでしょう。

どちらにせよ修理歴がないということが古くなった愛車の見積金額がアップできるかどうかの分かれ目となります。