ほら、車査定事故歴などのことを考えてみた

古くなった愛車売り渡しを依頼したさいは、最初に審査を受ける事となります。その際の鑑定の方は買い取りの専業店の方が行い、ユースドカー市場の相場等から算出されるものとなります。

だいたいユーズドカーとして売られている値段の2~3割くらいが売却金額となっているようですが、好評な車だったり、珍しい車種だったりする時には高い値段がつくといった場合もあります。他にも、年式が新しければ新しいほど高い金額となります。一方でそうした買取の値段はお車が完全な状態の時であって、万全ではない場合には低く見積もられます。なかでも特に事故車等は見積もりに大きく響いてきます。

事故歴といっても定義は微妙なところですが、基本的にクルマの本体であるフレームの部分まで影響しているようなアクシデントを起こした車両は事故車となってしまいます。そういった修復歴のあるクルマはそののちなにか負の影響出てしまうリスクが有るので、買取額ではダメなものとなってしまいます。他方、フレームにまで影響が及ばず、外装を修復した程度なら問題ありませんが、それでも修復歴は付きます。

勿論、修復歴は付くわけですからデメリットの影響は有るのですが、事故車に比べ査定が低くなることはございません。そのほか、変速機やエンジンなどに面倒が起こっているケースでもマイナスとして査定されますし、日頃からの整備の良し悪しが見積もりに関係してきます。

その辺は素人目には気づかない所ですが、鑑定をする買取ショップとしてはキッチリとそのへんも確認してきます。

いずれにしても修理歴としては存在しないことがユースドカー見積もりを上げることができるかどうかの条件となってきます。