まさかのローン中の車売却のいろいろ

自動車の買い取りのお店に鑑定をオーダーしたものの、ローンが払いきれていない場合もあるでしょう。そんな際には、売るつもりのくるまの所有権がご本人であるのか別の方なのかをともあれ確認することが必要です。

実際、所有権はどこを見たらいいのかと言えば、車検証に載っている名前がクルマの所有者ということになります。

お車を購入した際に銀行系のローン支払いを組まれたケースでは、この車検証に書かれているお名前がご自身のお名前になっていますが、自動車ローンを組んだのが信販系の会社であった場合だとお名前がその信販会社の記載となっているのです。信販会社でローンを組む場合に何故このように信販系の会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その理由としては支払いが滞納したりしたら、ただちにマイカーを担保という形で確保することを考えている為です。

そういった理由から所有権がクレジット会社にある時にはその愛車を勝手に売る事は出来ないのです。それでも売却したいのであればまず支払いをすべて完済するか支払いローンの組み換えによって所有権者をご本人に変更した後で売却することが求められます。そうとはいえ実際にこのような手続きが可能なのは今現在手持ちの資金が豊富にある場合になってしまいます。だったらキャッシュが足りない時はどんなやり方をするのが望ましいでしょう。

そういった際は評価をやっていただいた愛車買い取り専門店にご相談頂けますと、愛車の買取価格から残債の支払いの分をまかない、所有権者をご自身のお名前に直して頂くことが出来るという訳です。手続きについても全てを買取店にオマカセ可能ですから問題ないです。