まさかの中古車査定と必要書類

愛車を売る時のやり方には下取や買取等の種類が用意されています。下取りに関しては、次の中古車を手に入れた時点で、古い中古車を買取りして頂くものです。その自動車が乗車が問題ない中古車であるならば価格が付くわけですが、とてつもなく古すぎるものだった際には処分費用を必要とされるケースもあり得ます。

下取してもらう場合は専門店が引き取るわけではないので、高い値段での引受けはムリでしょうけど、おニューのくるまと交換で乗り換えを可能だという長所があります。一方買取はといえば、それを専業としている車買取専門ショップに頼んで引受けをしてもらうといったものです。その時期がややこしいなどの短所もあるのですが、引き受けられた自分のクルマはユーズドカーとなって出回るのが元々決まっている訳ですので、なかなかの高値での買い取りが望めるはずです。

下取にしても買取にしても手続きの場合にはいろいろと書類を先に準備しておくことが必要です。必要なものの中には自動車検査証や車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券となります。その他印鑑証明と実印、住民票なども必要です。

売渡の時は委任状や譲渡証明書等も使うのですが、そのあたりは買い取りの専業店で準備してくれます。引取りを頼む側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票あとは印鑑証明を用意しておきましょう。査定の時にもそれらに関しては見られるため、紛失している際は再度発行して頂く必要があるのです。

万が一紛失のケースでも見積もりそのものはして貰うことは出来るのですが、即手続きはおこなえないため見積額に悪い影響が出てしまうでしょう。