まさかの買取や下取りリサイクル料について

中古車を売る際の段取りとしては下取り、そして買い取りというのが有ります。下取りの場合は新しい車を購入する際一緒に前の愛車を買取して貰うというものです。だいたいは新車取扱店が引き受けをおこなうため買い取り金額はどちらかというと低めに見られる場合が多いです。

一方で買い取りのほうはマイカー買取専門店がおこなっており、ユースドカーとして売ることを前提として引き受けの値段を決定するため、どちらかというと高値での買取りが期待できるでしょう。いずれにしても車を引き受けてもらうことであり、、引き受けてもらう前に引き受け価格を決めるための見積もりがされることとなります。

鑑定をして貰う際に気に掛かるのがリサイクル料です。愛車鑑定で示されるプライスというのは自家用車そのものの値段、所有車についてくるリサイクル料とか自賠責保険などを入れた金額の二つの種類があります。「リサイクル料」はお車を手に入れた場合、またはリサイクル料が未納のケースでは車検を通したさいに支払われるもので、のちに所有車を廃車にして処分する際に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際の代金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう時JARSから支払されることになります。

費用は大体、軽だと8000円ほど、国産車の場合で1万円程、外国製自動車などで1.5万円程、それとは別に20000円ほどをいれる必要が有ります。大半のユーズドカー引き受けだと、そうしたリサイクルの代金をユースドカーの引受額とは別として引き取りされるというようなこととなるのですが、リサイクル料金を含んで評定プライスだという場合も有り、引き取りを頼む場合に事前にチェックしておくということが大切です。