今回は中古車査定と事故歴とのことだけどどうなんでしょう

古いユーズドカー引受けを頼んだときには、一番最初に見積もりを受ける事になります。その査定については買取専業店の人が行う訳ですが、中古車マーケットの相場などから計算されるものとなります。

通常、古いくるまということで販売されているプライスの20~30%程が買取の金額とされているようですが、好評な車であったり、珍しい車種等のケースでは高値が付くなどの場合もあります。それと、製造年は新しいほど高い査定となります。ただし、そういった買取金額はマイカーが万全な状態のときであって、完全じゃないときだと低く見積もられます。特に修復の跡などは買取額にとても影響してきます。

事故歴とは言っても定義が曖昧ですが、基本的にクルマの基礎であるフレームにまで跡を残すような事故を起こした車両は事故車扱いになります。そうした修復歴のあるくるまはそののち何かしらの悪い影響が出てしまう危うさが有りますので、見積に於いては短所になります。とはいえ、フレームの部分まで影響しておらず、外装を修理した程度であれば問題ないのですが、とはいえ事故歴が付いてしまいます。

モチロン修復歴がついてしまいますので良くない影響がある訳ですが、事故車よりも低く値踏みされることはありません。また、エンジンなどにトラブルが出ているケースもマイナスに見られますし、いつもの整備の状態が見積価格に関わってきます。

このへんはトーシロには気づかない所ですが、査定を行っている買取専門ショップの方ではキッチリとそのあたりも見てくるでしょう。

どちらにしても修復歴としては無いという事が自分のくるまの買取金額が上昇できるかどうかの条件となってきます。