今日は中古自動車査定制度に関して

古い車の下取や買取の時には、初めに査定をしてもらうかと思います。査定というのは、お客様から下取りや買取する際に適正な審査をするための処置であり、それを行うためには多くの人から理解され、プラス了解されたやり方でないとまずいのです。とはいえ、ユーザー側からすれば、査定がどんな具合に実施されているのかちゃんとは確認できてなかったり、キチンとした進め方で調査されているのかは案外把握することが出来ないケースがほとんどです。ではありますが見積の方は愛車の値段を決定する非常に大切な工程である為、方法や考えにさまざまなものがあると世間のパニックの要因にもなってしまうわけです。

そのようなカオスを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、適切な審査が行き渡るように取り組んでいる機関であり、消費者が不安なく値踏みに提出でき、そのうえで満足できるシステム作りの行いをしています。

具体的な中身としては、例えばまっとうな査定士を増加させるための資格試験を実行しており、査定協会が行っている学科やスキル研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。そして査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、まともな心得や規律をもって我々の愛車の鑑定をするのです。つまり適正な査定を行う為の資格を有している人間が値踏みを実施しますので、客側もリラックスして下取または買取に持っていくことが可能となるのです。