例のローン中の車売却について思うこと

くるま買取店に見積もり査定をオーダーしたものの、残債を完済できていないケースもあるかもしれません。このようなケースでは、売ろうとするくるまの所有権がご本人なのか別な人なのかどうかについて取りあえずチェックする必要性があるのです。

ホントのところ、持ち主については何を見るとわかるのかといいますと、車検証に記載されているお名前の人がマイカーのオーナーという訳です。

くるまを購入する時に銀行等が提供するローン支払いを組まれた場合だと、この「自動車検査証」に記載のある氏名が自分のお名前になっているのですが、割賦払いを設定されたのが信販会社であった時には氏名がその会社の名前となっているのです。信販会社で割賦契約を組む場合何故こんな形で信販系の会社を所有権者として登録してるのかと言えば、それは毎月の支払いが滞納されたときに、即自動車を担保という形で確保することを考えているからです。

こんな訳で所有者名義が信販会社になっている時にはそのマイカーを好き勝手に売却することは出来ません。とにかく売却したいのであればまず支払いを全て終了させるか支払いローンの組み換えによって持ち主をアナタの名前に変えた後で手続きすることが求められます。ですが、実際問題こうした事が可能なのは今現在お手持ちのキャッシュがたくさんある時という事に限定されます。だったら現金がない時はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

そういった際は評定をおこなっていただいたお車買取専業店に事情を話すと、くるまの買い取りの値段から残債の支払いの分をキレイにし、持ち主をあなたのお名前に直してもらうことができるという訳です。手続きについても全てにおいて買取り業者にオマカセ可能なので大丈夫です。