改めて中古車屋さんに車を売る時について

ユースドカーの買取では、最初にその車の見積もりをします。そのモデルと年式で、基本となる一定レベルでの値段の理解をしておきます。これと比較しさらに印象が悪いのであれば、鑑定額を減らしていくなどといった順番でやられていきます。

普通の状態でのプライスについては買取のお店の方でベースとなる金額というものを持っています。コチラについてはショップ間のみで確認されるもので、その価格は車の種類と年代で記載されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基準となる数字なのであり、その他の意味あいはありません。その上、そのプライスよりもより高く買取をされたりそれとも安く買いたたかれたりする事だって当たり前ですがあり得ます。

買取店側からすると出来る限りロープライスで買い取りたいわけで、業者にもよりますが基準となる買い取り額を差し出したうえで、更に安い方向へと話を振ろうとしてきます。売りたい方の気持ちは1円でもいい条件で売却したいわけですから、この時の交渉としては、したたかに話を持っていくのがイイですよ。あるいは、買い受けについての額面が譲り合えなかった際は繰り延べし、そちらで話を止めておきます。そうしてから別の買取ショップとネゴシエーションやっていくのです。

ここで仮に価格が今まで以上に高値となり満足がいったなら、先の業者との交渉は終了となっても気にせずOKです。言い換えると、売る側が好きなようにやり取りを進めていけば良いという訳なのです。一番してほしくないのは、急ぎ足で売却金額を結論付けてしまい、あとあと悔やむことです。売値については限りなく強気な出ていった方が後悔はしません。”