話題の車買取査定方法の感想、所感

古い自分の車の売り渡しを頼んだ場合には、最初に審査を受ける事となります。鑑定は買取ショップの査定士行うわけですが、くるまマーケットの値段等から算出されることとなります。

普通はユースドカーとして売りに出されている価格の2~3割位が売却額となっているようですが、定評のある車種だったり、珍しい車種であったりする際には高い買取額がつくケースもあります。また、製造年が新しい方が高い金額となります。ただし、これらの買取の値段はくるまが完全な状態であり、完全じゃない場合には査定は厳しくなります。なかでも特に事故歴等は査定に相当関係してきます。

事故車といっても定義が微妙ですが、基本的には車両の本体であるフレームの部分にまで及ぶような事故を経験してしまった車両は事故車となってしまいます。そのような事故歴のあるくるまはそののち何かしらの負の影響出てしまう危険性があるため、見積もりにおいては短所になります。他方、フレームの方にまで影響が無く、外見を修復したくらいだったらなりませんが、修理歴としてはつきます。

モチロン修理歴としては付くわけですからデメリットの害は有るものですが、事故車より査定が低くなることは無いでしょう。また、変速機やエンジンなどに面倒が起こっているケースもマイナスという事で審査されますし、日頃からの点検整備の状態が買取額に関係してきます。

そのへんは素人目にはちんぷんかんぷんですが、査定を行う買い取りの専門店の方ではしっかりその辺りもチェックしてきます。

どちらにしても修理歴がないことが自分のクルマの買取金額が上げられるかどうかの分かれ目となります。